悩める男は薬を通販

バイアグラは既に特許期間の切れているED治療薬です。国内製も出てきていますが、依然海外製のジェネリックが人気です。

海外のバイアグラジェネリック

海外のバイアグラジェネリック

ジェネリックとは?

今現在、病院や薬局などで処方してもらったお薬に対して新薬とジェネリック医薬品を選択することができます。新薬とは製薬会社が一から研究し開発して販売している医薬品のことで、ジェネリック医薬品はその新薬の有効成分の特許が切れたものに対して後発薬として全く同じ主成分で他の製薬会社が開発し販売しているものです。

バイアグラは成分特許がすでに切れているので、ジェネリック医薬品は多数存在しています。同じ主成分を使用しているのでもちろん効能や効果は同等となっているのですが大きく違うのが薬価代となっています。新薬を作るのに10年以上の開発期間と、その開発にかかる費用は300億円以上ですが、それに対して後発薬は開発期間が3年ほどで、開発費用も1億円と比べ物にならないぐらい低コストで開発することができるのです。日本では莫大な医療費の削減の為、近年ではジェネリックを推奨し選択を促しているのです。

兼ねてから人気の高いインド製ジェネリック

カマグラ

実はバイアグラの特許が切れる前からインドもジェネリックを開発、そして販売しているのです。これは違法なものではなく、インドの医薬品に対する特許事情が異なるため製造方法さえ変えれば開発することが認められていたのです。海外のバイアグラジェネリックであれば個人輸入として海外通販することができ、病院へ行かなくてもインターネットなどで購入することができるため、以前から根強い人気となっています。

シラグラ

特に人気の高いのがアジャンタファーマ社のカマグラ(カマグラゴールド)とシプラ社のシラグラです。バイアグラを日本国内で購入すると相場として1錠1500円ほどですが、カマグラとシラグラは300円前後で買うことができます。同じ効果や効能でこれだけ安くネットで買えるのであれば人気な理由も納得ですよね。

もちろん注文する際に注意することがあり、海外のバイアグラジェネリックは日本では販売されていない成分量100mgのものも販売されています。(日本国内は50mgまでと定められている)海外の人向けに開発されている量ですので、日本人男性が100mgを使用する場合は半分にカットするなどして量を調整することが勧められています。

Return Top