悩める男は薬を通販

タバコは実に多くの有害物質を含んでいます。まさに百害あって一利なし。なのですが禁煙にはとても苦労をしてしまうのです。

タバコにより起こる病気

タバコにより起こる病気

非常に多くの有害物質を含むタバコ

タバコが体に悪いという事はだれでも知っていますが、あまりにも漠然としたイメージな方が多いのではないでしょうか?実際にタバコが原因でどのような病気がおこるかをご説明いたします。タバコに含まれている成分は実はニコチンだけでなく化学物質がなんと400種ほども含んでいるのです。

その中の200種類ほどは致死性の有害化学物質とされておりさらにがんへの影響をもたらすのは60種類になります。聞いているだけで病気になりそうな物質が含まれているのですが、もちろん少量ですので吸ったから死ぬ!というわけではありません。しかし長年吸い続けたらどうでしょう?実際20歳からタバコを吸い始めて45歳であれば25年間もタバコを吸い続けていることになります。

タバコの三大化学物質

タバコの三大化学物質

タバコの三大化学物質が、ニコチン、一酸化炭素、タールなのですが、ニコチンは麻薬のような依存をもたらす作用があり、タールには発がん性の物質やがんを促進する物質が。一酸化炭素には動脈硬化を促しやすくしてしまう働きがあるとされています。起こりやすい病気として一番に考えられるのが、呼吸器系の病気です。

慢性の気管支炎や、肺気腫などになりやすくなり、閉塞性肺障害が多く報告されています。そして呼吸器系だけでなく循環器系の疾患も起こりやすく心筋梗塞、狭心症、大動脈瘤、なども起こしやすくなっています。血液の循環も悪くなるため高血圧症なども考えられます。女性は女性特有の疾患に影響しやすいとされており、吸っていない人に比べ不妊症になりやすく、更年期も早く来てしまう場合もあるのです。女性で特に30代以降の喫煙者は要注意でピルなどの使用も副作用の観点からできなくなっています。

禁煙をしたいならチャンピックス

タバコの煙は肺に吸収されるので肺の細胞が徐々に破壊されてしまいます。肺がんになる可能性も高くなってしまうので、タバコは本当に体に悪いものと捉え、健康の為にも禁煙を心がけましょう。その際のおすすめはチャンピックスを使うことです。従来の禁煙グッズとは違いニコチンを含んでいない薬です。そのため禁煙成功率の非常に高い薬としていま人気のある治療法なのです。

医療機関で処方されるのが一般的な方法ですが、海外通販を利用して購入も可能です。その場合は個人輸入という形式となり、他人への譲渡などは禁じられています。しかし海外で販売されているものが送られてきますので、医療機関で処方される金額と比較するとかなり安く購入できる事が分かります。

忙しい方や誰にも知られたくない方は通販を利用している方が増えています。この人気の方法は誰でも簡単に行なえますので禁煙を考えているいまご覧になっているユーザーの方!ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

Return Top